>

2008年06月10日

サヨナラ パノラマカー 〜電車でGO! 名古屋鉄道編

しばらく前から言われてはいましたが、名鉄のパノラマカーが
来年には本当に引退だそうです。
残念。


新聞にも出てた(涙)
Mtetsu_R.jpg

だから、鉄道ファンの方は、写真を撮るなら今のうちだ!

パノラマカーって何?ってかたは、まずはYoutube動画で見てみよう。


名古屋周辺の人にはおなじみだけど、
名鉄はその名のとおり、名古屋周辺を中心に沿線がある私鉄。

パノラマカーは動画でもわかるとおり、運転席が2階にあるというユニークな車両。
だから本来運転手しか見ることが出来なかった前面の景色が楽しめるというすばらしい車両なのだ。

  この前面展望席を日本で最初に採用したのが、
このパノラマカー。

 まるで銀河鉄道999にでも出てきそうな未来的なデザインがGood.
(どことなく777がほんのちょっとデザイン的に似てる気もします。)

※銀河鉄道999の方がパノラマカーよりも登場は後です。

 小田急のロマンスカーも前面展望席を採用しましたが、
名鉄のほうが先でした。

さらにミュージックホーンという、まるで昔の暴走族が
鳴らすラッパのようにメロディーつきで鳴る汽笛も
魅力のひとつでしたね。

●名鉄パノラマカー7009ミュージックホーンフル連発+α
http://jp.youtube.com/watch?v=q7JajiESScI

いずれにしても、そんな未来的デザインの車両が、40年以上もの
昔に作られた車両というから、なお驚きですね。


さらに、Youtube動画では、名鉄名物「犬山橋」も収録されていますね!

あの景観はすごかったです。
Youtube動画でもわかるとおり、なんと、普通の電車がまるで路面電車のように
普通の自動車用の道路を走っていたんです。しかも、鉄橋まで一般の自動車と
兼用になっていたんです。

そう、「いたんです」ってことは、過去の話ってこと。今では安全面なども
考えて、普通の線路になっているんです。

retrogamerも何度か犬山橋には車で行ったことがありますが、真横に真紅の
「パノラマカー」が並走する姿はホント圧巻でしたね。
しかも、名鉄車両は「そこのけミュージック」付きで豪快に登場。
こんなスゴイ場所は日本ではここだけだったので、普通の線路になってしまって
残念でなりませんね。


たしかに、ややこしい交通状態ではある。

でもね、

古きよき昭和の文化がどんどん消えていく・・・なんだか寂しいですね。

(動画で見るよりも、実際の景色はすごかったですね)

ちなみに、鉄道DJミュージックで一世を風靡(っていうか一発屋?)した、
SUPER BELL"Z「MOTOR MAN」も名鉄を題材にしていたのが懐かしい(^^)

他にも名鉄にはユニークな路線がいろいろあります。たとえばJR高山本線に乗り入れ
しちゃう「北アルプス」が以前はあったり、地上を走っていたかと思えば、いつの間にか
地下鉄になっているという路線もあったりします。

ちなみに、パノラマカーどうしも連結走行可能なのだ。




で、このブログはゲームを扱うブログなので、そろそろゲームに関する情報(笑)

この貴重な「昔の犬山橋」を体験したければ、「電車でGO! 名古屋鉄道編」を
遊ぶと良いでしょう。




電車でGO!名古屋鉄道編(PC用)  税込 1,340 円


あの「電車でGO!名古屋鉄道編」がいよいよ爆発的1480シリーズで登場!
このゲームではあなたは電車の運転士。「ダイヤの正確さ」「乗り心地」
「停止位置の正確さ」「信号標識を守る」「安全性の配慮」が
運転手の心得大5原則です。がんばって定刻通りに駅に停車させよう!
鉄道ファンに圧倒的な人気を誇る「名古屋鉄道」。
路面電車やパノラマカーモノレールなど名古屋ならではの見所がいっぱい!
さあ新しい名古屋の旅へ出発進行!!

対応機種 WINDOWS98/ME/XP/VISTA


パソコンで気軽に遊べるのがいいですね。

PS版かもしれませんが、ゲーム画面はこんな感じのようです。(Youtube動画より)

パノラマでミュージックホーンを鳴らしまくれ!

 Youtube動画では2分40秒付近で、木曽川・犬山橋を
通過します。

 この橋での電車の制限速度が25Kmというのがポイント(^^)
かつての電車の運転手も歩行者(横断者)や、横や前の車に
注意したりと大変だったかもしれませんね。




ちなみに、「電車でGO!」以外で、鉄道と車で並走出来るゲームといえば、
ラッドモビールがありましたね。
っていうか、線路を走ることが出来た豪快なゲームでしたね。



(2番目の動画の53秒目以降で線路に乱入)
このゲームがソニックの初登場ゲームだったというのも有名な話。
さらに、SEGAサターン初期のソフト「ゲイルレーサー」の元ネタだった
のも有名な話ですね。
 さらに世界初の32ビットのシステム基盤(SYSTEM32第一弾)だった
ということでも話題になりましたね。個人的にはYボードの豪快な
ゲーム(パワードリフトやギャラクシーフォース)の方が好きだった
んだけどね。

 アウトランナーズやデイトナUSA C.E.(サターン用)でも
電車が横を走るシーンがありましたね。

 他にも電車と並走出来るゲームはいくつかはあるかと思います。
知ってる方、教えてくださいね。

posted by retrogamer at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名鉄パノラマカーって関東に住んでる人間としてはどーしても小田急ロマンスカーに見えちゃいますねぇ〜(^^;

ミュージックホーンはワラタ!。
ふざけてんのかと思ったよ笑
確かにこれは族っぽいなw

犬山橋の景色はすげぇな。
一般道をこのでかい車両が走る光景は圧巻だな笑
ただまぁ非常にごちゃごちゃしててみててあぶなっかしいし、道路と線路を区分けしたのは仕方ないでしょうね(^^;

Posted by RED FOX at 2008年08月09日 09:47
コメント、ありがとうございます。

犬山線の景色は、本当にすごかったですよ。でも、でもね、絶対当時の地域住民は、そのややこしい交通状態に困っていたに違いないでしょうね。渋滞も激しかったようですしね。

時代にそぐわないものがどんどん無くなっていくのは仕方が無いことですが、やはり
古きよきものは未来にも伝えて生きたいものですね。
 
 
Posted by retrogamer at 2008年08月09日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。