>

2008年09月17日

AMIGA版レインボーアイランド

独特な音質が心地よいAMIGA版レインボーアイランド。

ご存知、レインボーアイランドはTAITOのアーケードゲーム「バブルボブル」の続編。
見た目はかわいらしいけど、なかなか奥が深い良質アクション。

アーケードのキンキンFM音源も良いけど、このAMIGAによるアナログっぽいサウンドも
なかなかだね。心休まる。

ま、リアル版のほうが、さらに心休まるけどね。



 ご存知、この曲って、もともとは「オズの魔法使い」の
テーマソング「虹の彼方に(Over the Rainbow)」 なんだよね。
いろいろな人がカバーしてますね。

ゲーム「レインボーアイランド」の「Over The Rainbow」は、コミカルなアレンジで
とってもゲームに合っていて大好きです。


で、バブルボブルシリーズの続編でレインボ−アイランドの続編として、PC-ENGINEで
リリースされていた「パラソルスター」もAMIGAに移植されていたんだよ。
 こちらもサウンドヨシ!



<CM>

パソコンでお手軽に!




遊遊 レインボー・アイランド 999円


アクションゲーム「バブルボブル」の続編ゲーム「ULTRAシリーズ レインボーアイランド」の廉価版

[windows]
対応OS: Windows98/Me/2000/Xp
CPU: Pentium II 366MHz以上
メモリ: 64MB以上
HDD: 50MB以上の空き容量
メディア: CD-ROM

CD-ROM:倍速以上 モニタ:640×480、HighColor(16bit)以上 ビデオカード:DirectX 7.0a以降、DirectDrawに対応のもの サウンドカード:DirectX 7.0a以降、DirectSoundに対応のもの 他DirectX 7.0a以降が動作する環境、マウス、キーボード、ゲームパッドが必要



posted by retrogamer at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外PC 海外ゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レインボーアイランドもamigaに移植されていたのですか。

amigaって日本国内できちんと
移植されなかったゲームが結構移植されていますね。

私もamigaユーザー(cdtvとa500/a2000)ですが、
amigaにジャレコのロッドランドが移植されており
なかなか良い出来でした。

今は無きタイゲン貿易で買った唯一の
amigaソフトです。

ただ、パッケージの怖さはすごいです!!
どう変換すればあのパッケージに
なるのか・・・

ネタとしては最高です!!
Posted by せきね at 2008年09月20日 01:41
コメントありがとうございます。

私は、AMIGAは500のユーザー。
入門モデルだったとはいえ、しっかりマルチタスクの体験が出来ました(^^)

他にはマックスマシーンを持ってますよ!
実際の内容は名前負けして、ミニマムマシーンなんだけどね。

タイゲン貿易は私も2度ほど行ったことあります。ジェネシス(メガドラ)版のマーブルマッドネスと、海外と日本用のマスターシステムのコンバーターを買いました。
あの当時はAMIGAのMEGA-DEMOが全盛期だったのか、店頭でガンガン デモってましたね。

海外のパッケージは、とうてい日本人に受けいれられないものが多いけど、それを
見るのはけっこう好きでした。



Posted by retrogamer at 2008年09月20日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック