>

2008年10月24日

カシオのポケコン「PB-100」のCM。

CASIOのポケコン「PB-100」のCM。
これは貴重だ!

いかにも、昭和! 懐かしい。

それにしても、当時はポケコンは、持っているだけでカッコよかったよね!?
それに、ほんと、いつでもどこでもお手軽に使えたんだもの。

とはいえ、やっぱり電卓に毛が生えたぐらいの貧相な液晶表示。
メモリも驚くほど少ない。

 でも、でもね。機能が貧弱な分、アイデアでカバーするという
楽しさがありました。

このウタが、その辺の気持ちを良くヒョゲンしていますね(^^)

「見よ、これがドルアーガ」には、びびった(笑)



<CM>
いまでもポケコンは入手可能!
Z80を極めろ!




ポケコン PC-G850V   21,000円


<特 長> ● 「PIC」マイコン開発環境の搭載
PICとは、演算装置、メモリ、入出力装置、タイマー等の周辺機器を備えたワンチップマイコンです。(マイクロチップテクノロジー社製)本来は民生機器、自動車、家電製品などに使用されている制御用ICですが、近年、その利用のし易さから学校現場での制御学習用に活用され始めています。現在では、PICプログラムを開発し、そのプログラムをPICマイコンへ書込むには、パソコンが必要ですが、のポケコンで、PICマイコン開発環境を搭載したPC−G850Vを活用することにより、いつでも気軽にPIC学習を行う事ができます。また、場所を選ばないので、競技大会の会場でも、簡単にプログラムを修正する事もできます。
●ポケコン基本機能
・24桁6行の大型表示
24桁6行(5×7ドット)表示。加えて144×48フルドットでグラフや図形も表示可能。
・高速演算処理
 Z80系高速演算CPU搭載(クロック数:8MHz)により複雑な演算も短時間で処理できます。
・通信機能
 9600bps対応によりパソコンと簡単通信。(別売のパソコン通信ケーブルCE−T800が必要)
・豊富な言語学習機能
 Z80アセンブラ機能、C言語、BASIC言語を搭載、プログラミング学習に活用できます。
・Z80バス端子を直接コントロールできるBASIC命令を搭載
 CPU“Z80”をBASIC命令で直接コントロールできるので多様な制御方法が可能。外付けのI/Oポートを介して機器の制御実習が行えます。
・32KBのRAM搭載
 32KB(ユーザーエリア=約30KB)のRAMを搭載しており、多量のプログラム、変数データ、統計計算データが登録できます。
・ACアダプターの採用
 電池での駆動はもちろん、オプションのACアダプター(EA−23E)を使えば、電池容量を気にせず、長時間の用途(制御実習など)への対応が可能。

<仕 様> 形  名 PC−G850V
CPU C−MOS 8ビット CPU(Z80相当品)
表  示 24桁6行
液  晶 144×48フルドット(グラフィック対応)
電源メモリー 32KB(ユーザーエリア約30KB)
エディット方式 スクリーンエディター
プログラム言語 BASIC、CASL、C言語、機械語
アセンブラ Z80アセンブラ、PICアセンブラ
計算機能 基本計算:加減乗除
関数計算: 三角関数、逆三角関数、対数、指数、角度変換、べき乗、開平計算、整数化、絶対値、符号関数、座標変換関数、円周率など

計算桁数 10桁(仮数部)+2桁(指数部)
システムバス端子 40ピン
周辺機器接続端子 11ピン(CE−126P;サーマルプリンタ、CE−T800;パソコン通信ケーブル)
電  源 6V(DC):単4乾電池〈R03〉 4本
AC100V 50/60Hz:ACアダプター EA−23E
使用時間 約90時間
実使用状態で連続使用(使用温度25℃で1時間当たり演算またはプログラム実行を10分間、表示状態を50分間行った場合)
使用温度 0℃〜40℃
外形寸法 幅196×奥行95×厚さ20mm
付属品 ハードカバー、単4乾電池4本、ネームラベル、取扱説明書


ラベル:ポケコン
この記事へのコメント
PB100ですか!!懐かしい!!

実は私が一番最初に買ったパソコン?が
PB100でした。

当時はとりあえず、BASICが動く機種が
欲しく、購入したのですが、
後々PC-1245にしなかったことを後悔しましたが、
今となっては良い思い出です。

最初がポケコンだったせいか、今でも
PDAには興味ありますね。

今は自営業になったため、電車を全く
使わなくなり、車移動なので、普通に
ノートパソコンを積んでいますが、
会社員の頃はいろいろ買いました。

HP200LXとか、SIIのTIPOとか、ラピュータも所有しています。

最近、携帯電話をイーモバイルにしたので
ブルートゥース付きの画面が広いPDAを
探しているのですが・・・携帯電話に
押されてPDAはすっかり下火ですね。

Posted by せきね at 2008年10月26日 10:29
毎度、コメントありがとうございます!

HP200LXとは、良いものをお持ちですね!
あの小さなボディでMS-DOSが動いたのを見たときは感動したものです。

私は、さすがにHP200LXは所有しておりませんが、パームトップのDOSマシーンだとIBMのウルトラマンPCこと、PC110を3台持ってますヨ。液晶がDSTNで見づらかったけど、当時はかなりのお気に入りでした。
 最終的には320MBのマイクロドライブにWIN95をインストールさせて遊んでましたね。



Posted by retrogamer at 2008年10月27日 00:21
コメント有り難うございます。

ウルトラマンPCですか。
私は残念ながら入手しなかったのですが、
知り合いが持っていました。

あの小ささは魅力ですね。
DOSで使うのには十分なスペックでしたし
今ならカリカリのDOSマシンに仕上げたく
なります。

使ってきたPDAの中ではTIPOがお気に入りです。
あのサイズでB-TRONが動くのは感動です。

復活させてメール端末にでもしましょうかね。

ウイルスの心配が激減するので(笑)
Posted by せきね at 2008年10月27日 01:16
TIPOとは、またマニアックですねえ。
B-TRONといえば、私はせいぜい超漢字ぐらいしか体験したこと無いです(^^)
Posted by retrogamer at 2008年10月29日 01:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。