>

2008年11月05日

コモドール64版のアフターバーナー

これはなかなかキョーレツ。コモドール64版のアフターバーナー。
へえ、コモドール64にもアフターバーナーがリリースされていたんですね。
AMIGA版なら遊んだことあったけど、C64版は遊んだことないや(^^)

SID音源による”Final Take Off”は、なかなか哀愁漂う良い感じで好きです。
画面の方はスペックの割にはがんばっているとは思います。
あとはゲームとしてどこまで楽しめるバランスになっているか?
ってことが重要でしょうね。

<CM>




・写真は組立、塗装仕上げをした状態です。(完成例)

F-14A TOMCAT (PACIFIC F.S.) 4,284 円




スケールモデル スペック
スケール : 1/48
全長 : 401mm

全幅 : 406mm
部品数 : 294pcs.
メーカー : ハセガワ




グラマンF-14Aトムキャットは、アメリカ海軍の主力艦上戦闘機です。
F-14はAWG-9火器管制システムを搭載して、約166km先の目標を補捉し、最大24目標を追尾することができます。しかも、その内6機を個別にAIM-54フェニックスミサイル(最大射程役185km)で、同時攻撃が行えるという他の追随を許さない多目標同時処理能力をもっています。もう一つの特徴は、可変後退翼を採用していることです。この可変翼は、マッハ・スウィーブ・プログラム・コンピュータによって常に最適の揚抗比が得られるように主翼の後退角を変化させます。また、格納用の後退角では75°になり、空母甲板上での取り回しを容易にしています。F-14の主任務は艦隊防空と攻撃部隊の掩護ですが、TARPS(戦術機上偵察ポッドシステム)の運用が可能なように改造された機体が各空母航空団に3機ずつ配備されています。

実機データ
乗員:2名、全幅:19.54m、全長:18.90m、全高:4.88m
最大離陸重量:24,950kg
エンジン:P&W TF30-P-412×2
推力4,763kg(アフターバーナー使用時9,480kg)
最大速度:マッハ2.34/12,200m
固定武装:M61A1 20m/mバルカン砲×1
初飛行:1970.12.21(原型)



●「F-14A トムキャット (太平洋空母航空団)」のプラスチックモデル組立キットです。
●付属デカール(4種)
 ・アメリカ海軍 第21戦闘飛行隊"フリーランサーズ"
 ・アメリカ海軍 第21戦闘飛行隊"フリーランサーズ"TVSU装備機
 ・アメリカ海軍 第154戦闘飛行隊"ブラックナイツ"TARPS装備機
 ・アメリカ海軍 第111戦闘飛行隊「サンダーウナーズ」

がんばってXX仕様にしてみよう!




posted by retrogamer at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外PC 海外ゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。