>

2008年12月11日

Saboteur(サボタージュ)コモドール64版

Saboteur(サボタージュ)というコモドール64用のゲーム。
ニンジャが主人公のこのゲーム。まるで、SEGAの「忍」みたいな雰囲気だと思いませんか?


あ、犬が出てくるシーンだとSEGAの「シャドーダンサー」みたい(^^)

(アーケードとは別物だったメガドラ版)

外国製の忍者ゲームって、まちがって理解された日本文化を
表現しているので、おもしろいですね。
(Shinobiやシャドウダンサーは意図的にそうしてるんだけど)
たとえば、「Saboteur」では、タイトル画面の忍者の背には、
くさり鎌(農具?)が・・・。まるで「いっき」じゃないですか(笑)


「サボタージュ」は、色数も少なく、シンプルな画面構成ながら、
さくさくっとスピーディーにキャラが動くのでゲームとしては
なかなかに楽しめそうですね。


このゲームのタイトルでもあるSaboteur(サボタージュ)は、
もともとはフランス語(?)で、破壊活動って意味らしい。

日本語化している「さぼる」は、このサボタージュって言葉が
語源となっているらしい(驚)

仕事を手抜きする=仕事の破壊活動!
ってことだったんですね(^^)

ま、もともとの仕事においてのサボタージュは、
労働組合が経営者と過激に戦ったり、
仕事場そのものを破壊するということを
意味したらしいけど。




ちなみに、retrogamerは、
ポルノグラフィティの名曲「サウダージ」のことを
「サボタージュ」だと思っていて恥をかいたことがある(汗)

サウタージはたまにカラオケで歌うよ。

ちなみに、「サウタージ」の意味は、
「失われたものを懐かしむさみしいせつない想い」のことだってさ。
ポルノグラフィティ以外でも同名(別なメロディーのもカバーも含め)の
歌は色々な方が歌ってますね。

たとえば。森山さんの、コレもなかなか良いです。



サウダージ(ポルノグラフィティのカバー) 森山良子 200円  (視聴可能!)




<CM>

これ、とってもあったかい感じで良いですよ。




春夏秋冬 森山良子 CD(全曲試聴可能!)   3,000 円 


春夏秋冬(SHUNKASHUTO)森山良子

1.桜色舞うころ[5:06]
2.春よ、来い[5:57]
3.ハナミズキ[6:00]
4.真夏の果実[4:47]
5.少年時代[4:05]
6.夏の終わり[6:05]
7.秋桜[4:09]
8.三日月[4:46]
9.サウダージ[4:24]
10.駅[5:41]
11.サボテンの花[5:02]
12.さよなら[5:51]
13.春夏秋冬[3:56]

解説
歌の背景に季節を感じさせる、世代を超えた
J-POPの名曲カヴァー・アルバム。
森山ワールドへと引き込んで歌を再構築し、
歌っていく。彼女の凛とした歌声が歌詞の
世界に新たなリアリティをもたらし、
そこで醸しだされた情感に切なくなり胸が痛くなる。
posted by retrogamer at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外PC 海外ゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。