>

2008年12月15日

GP2X F-200 買っちゃいました!

GP2X F-200 買っちゃいました!

GPX1_R.jpg


さっそく、開封!ほぉ。いろいろ入ってますねぇ。

GP2XAA_R.jpg

でも、紙の説明書はシンプル。

詳しくはpdfで見てねってことらしい。

せっかくなので、Nintendo DS Liteと並べてみた!

GP2XAA (1)_R.jpg


大きさ的には、折りたたんだままのDS Liteよりも、
ほんの少しGP2X F-200のほうが大きい。

重さはほぼ同じような感じ。
携帯ゲーム機としては、充分な小ささ。
そして、満足いく液晶画面の大きさと見やすさ。


せかっくなので、ATARI LYNXとも一緒に撮影!



やっぱ、リンクスはでっかいや!

GP2XAA (3)_R.jpg

あ、GP2X F-200にはACアダプタは付属してこないんだ(汗)
別売り(><)

そんなわけで、単三電池2本を挿入!

GP2XAA (4)_R.jpg

電源を入れると、まず「GPH」のロゴが表示されて、
OSのロードが始まる。

GPX2_R.jpg

これ、小さいながらもLinuxベースのマシーンだから、
起動時間が長いのは仕方ない。


待つこと、約15秒・・・やっとメニューが出てくる。

GP2XAA (2)_R.jpg

タッチパネルでも、方向キーでも操作可能な、ランチャー(?)
メニュー。


さっそく、本体に内蔵のゲームで遊んでみる。

このように5タイトルほど収録されている。

GP2X2F (1)_R.jpg

パズルゲームを中心にこぶりなゲームが収録されている。


パックマンモドキのこのゲームは、そこそこ遊べた。
GP2X2F_R.jpg
とはいえ、このマシーンの真価を見れるゲームでは無い(><)
あくまでもサンプルゲームだから・・・・ネ。


このマシーンを活用するには、ネットでいろいろ落としてきて、
SDカード経由でソフトを起動させなければならない。
(USB経由でもSDカードに転送可能のようだが)

やっぱ、コンピューターはソフトなければただのハコなのである。

情報を探すのも、ちょっと大変で、まずは何から試せば良いのやら・・・。
(海外サイトを中心に研究中!)

こういう、ちょっと不自由な環境から、自分でいろいろ調べて
環境構築していくっていう古い時代のパソコンみたいな楽しみ方・・・。
飽食時代のこの時代、最近忘れかけてた楽しみを味わえそう。


さっそく、いろいろ試そうとしたのですが・・・
ふつうのマンガン電池では1時間と電源が持たなかった.

本格的に活用するために充電電池でも買おうかな!?


まあ、買った初日のレポートとしては、こんなところで(^^);
(次のレポートがいつになるかも不明ではありますが(汗))

しばらくは、先に買われた先輩・同志のサイトを参考に、いろいろ
勉強させて頂きます(^_^)

「GP2X F-200」は、どちらかといえば、マニア向けで、
万人にオススメできるものでは無いなってのが購入日の印象。

とはいえ、メディアプレーヤとしても、気軽に楽しめますし、
究極的には自分でゲームも作って動かせる夢のあるマシーン。
(かなり難しいけど)

自分としては とても買って良かったって思っています。
これからが、楽しみ!
いろいろ活用していきたいですね。



この記事へのコメント
それではちょっとお役立ち情報を

電池はニッカドかエネループが必須ですね。
自分は100円SHOPでニッカド4本買ってきて使い回してます。

アプリの入手は以下で
http://archive.gp2x.de/cgi-bin/cfiles.cgi

日本語情報は以下で
http://gp32blu.hp.infoseek.co.jp/gp2x/
Posted by det at 2008年12月15日 08:01
情報ありがとうございます!!!

さっそく楽しませていただいております。
やっぱり乾電池では大変なので、そろそろ充電式を買ってきます!

Posted by retrogamer at 2008年12月15日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。