>

2008年12月21日

「Speedway!」オデッセイ2版

海外の超レトロゲーム機「オデッセイ2」用の
「Speedway!」の動画。
Classic Game Room HD - SPEEDWAY! for Magnavox Odyssey 2

 アラフォーにとっては、懐かしい感じの画面では?
R35ぐらいになると、かすかに記憶にあるような画面ってとこかな?

 画面は粗いけど、なかなかスピードが速いので、
おもしろそうです。


カートリッジのデザインがいいですね。
なんだか70年代スペースエイジっぽくていいです。


このカートリッジにトッテがついているのが、イイ!

なかなかつくりの良さそうなスティック!


 さすがにオデッセイ2はなかなかお目にかかる機会は無いけど、
たまにはこういうチープなゲームも懐かしい感じでいいですね。
ああ、ノスタルジー!

<CM>




Digital retro 3,150 円


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

本書は、70〜80年代に登場した市場に革命をもたらし、あるいはひっそりと消えていった家庭用コンピューターを、開発秘話からその後の展開まで、詳細にわたって紹介している。シンクレア社の精密な技術、エイコーン社「アルキメデス」の素晴らしいつくり。また、IBM社とクローン製の戦いやアップル社の動乱期など、世界中で起こったコンピュータ史に残る出来事もカバー。

【目次】(「BOOK」データベースより)

コンピューターの歴史/MITSアルタイル8800/コモドールPET2001/アップルII/アタリVCS/タンディ・ラジオシャックTRS‐80/ナスコム‐1/シャープMZ‐80K/アタリ400/800/テキサス・インスツルメンツT‐99/4〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

ライング,ゴードン(Laing,Gordon)
イギリスでフリーランスの技術系ライターであり、キャスターで、「パーソナル・コンピューター・ワールド(PCW)」誌の元編集者。PCWのほか、「PCアドバイザー」「PCプロ」「コンピューターアクティブ」「T3」「マックユーザー」といった、イギリスでの有名雑誌で執筆している。また、「ロンドン・イブニング・スタンダード」誌のIT相談室の専門家でもある。スカイ・チャンネルの「Buyer’s Guide(消費者のススメ)」、ロンドンのラジオステーションLBCの「TV」や「The Lab」の司会を務めるなど、ブロードキャスターとしても活躍している。80年代のレトロコンピューターの収集家で、PCW誌で毎月、レトロコンピューターの歴史を年代順にまとめて紹介している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ラベル:レトロゲーム
posted by retrogamer at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外PC 海外ゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。