>

2009年01月02日

青春スキャンダル。 海外ではMy Hero.

「青春スキャンダル」。

MyHeroJP_R.jpg

なんともキョーレツな このタイトル!
1986年にリリースされたこのゲーム。
当時、実は、オウチではセガマーク3でしか遊べなかったのです。
ファミコンとかには移植されてないからね。

「SEGA MY CARD MARKIII」という当時最先端の技術で作られた(?)
ICカード型のゲームソフトだった。だって、これ、1987年発売のPCエンジンのHu-Cardよりも2年も前に製品化されてたんだぜ! 
さすが、SEGA!

※とはいえ、実はMSXのBee-Cardの方が先かも・・・調査中。


 ゲーム自体は、ちょっと単調だけど、
ほどよい難易度と、爽快感! このゲーム、遊べば遊ぶほど
むきになってきて、好きになるチュードク・ゲームなんです(><)


海外版だけど、Youtubeで動画を発見!



で、このゲームのストーリはというと・・・

主人公は空手の達人(?)タケシ。
何故か毎回、不良軍団にさらわれる恋人のマリちゃんを救い出すのがゲームの目的だ!


 ステージ最後にはボスが待ち構えていて、夕陽をバックにタイマンするのだ!


この辺は、なんとなく「くにお君」みたいだね。




 そんでもって、
これが海外版のパッケージなわけね。

い、いかつい! そんでもって、まさにアメリカン!
でも、でもね。ゲーム中の主人公はガクラン(学生服)なんだよねぇ。
どっからみても実際のゲームの背景はショーワ・ジャパンっぽいしね。


というわけで、
青春スキャンダルについては以下のHPで詳しく説明されているので、
是非、見てみましょうね。

●青春スキャンダル
http://www.sara.to/sigure/game/g02/index.html


で、実は「青春スキャンダル」は、もともとはアーケードのゲームなんだよね。


1985年。セガからのリリース。でも開発はコアランド(バンプレスト)だぞ!

やっぱり画面は数段キレー! でも、音楽はPSGだから、SEGAマーク3と
ほぼ同等!
やっぱり青春と言えば夕日! いや、夕陽!
「太陽のばかやろぉー」

そんでもって、アーケード版最大の特徴は、ステージ構成!
何故か現代と江戸時代と未来と3パターンあるのだ。
アーケード版でのヤンキーはタイムマシーンも持っているんだね!

この辺の節操の無さ、脈絡の無さがコアランドぽくていいんだよね。
まるでDECO(笑)


アーケード版については、こちらで詳しく紹介されているので、見てみよう!

●〓198X総集編〓 青春スキャンダル(セガ/コアランド)
http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-suzuki/sousyuhen/so_seisyun.htm

●GMN's Video Game Review  青春スキャンダル
http://homepage1.nifty.com/gmn/review/sscandal.htm


替え歌まで・・・(^^)
曲がいいから・・・!?(^^)

「人生スキャンダル・・・」
かなりヤバイ歌詞(汗)




あなたのまわりにも、こういうスキャンダルなピーポーが
ひそんでいるかもしれません。え、私は!? いたって、
フツーのレトロゲームファン・・・です(^_^)!



<CM>

 今回の「青春スキャンダル」のマイカードの写真撮影のバックに
使用したのは実はコレ↓

個性的でしょ?


Sugar Cane(シュガーケーン) ジャケット SC11254




TWILL WORK COAT(graffiti)☆SUGAR CANEシュガーケーン 特価13,545 円 



東洋エンタープライズの、シュガーケーンからツイル ワークコートの紹介です
カラーはオフホワイト。素材は綿100%。洗いが入った柔らかな仕上がりになっています。
前面、後ろ面、両袖にハンドペイントによる絵と文字が一面に
プリントされたインパクトの強い一着になっています。






TWILL WORK COAT(graffiti)☆SUGAR CANEシュガーケーン 特価13,545 円 


マジックやサインペンで描いたような落書き柄がスッゴクオシャレ♪
素材…綿100%
SC11254
定価27,090円


posted by retrogamer at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | SEGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このゲーム、当時かなり遊びましたよ。
あの軽快なBGMは名曲といっても過言ではないと思いますね。
操作も1レバー+2ボタンの単純明快で、テンポ良く進むのでストレスも溜まらない...はずなんですが、当たり判定が厳しいのでかなりシビアな操作が要求されましたね。確か自己ベストは1面のボスだったと思います。(汗

アーケード版とMark3版は同じPSG音源なのですが音の厚みが違いますよね? アーケード版はサウンド用に同じZ80を積んでるようなので、発声数が多いんでしょうかねぇ〜。


遅ればせながら“あけおめ・ことよろ”です♪
Posted by code_VR. at 2009年01月05日 21:03
どーも(^^)
あけおめ、ことよろ(^o^)!

BGMは哀愁がただよい、耳に残る名曲だと私も思います。


アーケードはPSG2個積んでるので、基盤スペック的発音数はmk3の倍だぞよ。

見た目よりも難易度(操作性やあたり判定がおかしい)が高かったから、リピート・インカムは悪かったのかもネ。置いてあるゲーセンも少なかったように思います。


Posted by retrogamer at 2009年01月05日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112024044

この記事へのトラックバック