>

2009年01月29日

日曜日に宇宙人が・・・・・・?

「日曜日に宇宙人が・・・・・・?」という、ほのぼの系!?の
ゲームのYoutube動画。

なんだか古きよき時代、昭和の香りがプンプンしますね(^^)
そんでもって、ちょい教育系!?



〜Youtube動画の解説より〜

日曜日に宇宙人が・・・・・・? の、動画です。 
1986年 スタジオWING 発売 2人のカメラマンが、
科学の力でタイムワープして 20年前の伝説の町を、
取材に行くゲームです。 
画像の女の子キャラクターの名前は、みのりちゃん 
という科学者です。



 この動画を見てたら、
なんだか、まんがはじめて物語を思い出しちゃいました。

(どんな発想したら、そーなるんだ!? ってつっこまないでね)





なつかしいなぁ。もーぐたん(^o^)!


<CM>





みんながコレで燃えた! NEC 8ビットパソコンPC-8001・PC-6001 税込 2,940 円


<ショップの解説より>

〜日本のパソコンの歴史は、ここから始まった…。

●8ビットパソコンの銘機、PC-8001とPC-6001が誌面とエミュレータで蘇る!

1979年のPC-8001、そして1981年発表のPC-6001、
日本における本格的なパソコンの歴史は、
これらNECの8ビットマシンによって始まりました。
これらのマシンでパソコンの基礎を憶えた方、
ゲームに熱中した方、NEC PCへの接し方と
思い入れは人それぞれに異なったと思いますが、
「このマシンと出会わなければ今の自分はなかったかもしれない」
その思いは共通しているのではないでしょうか。
ユーザー1人1人に熱い思い入れのある、この銘機たちが今、
誌面とエミュレータで蘇ります。

●懐かしのゲーム、アスキー『AXシリーズ』
『AYシリーズ』20本以上が蘇る

PC-6001発売の翌年1982年に弊社より
『ASCIIソフトウェアバンク PC-6001 AXシリーズ』
と同『PC-8001 AYシリーズ』が発売されました。
スピーディーなゲーム展開、熱中できる
リアリティなどゲームのエッセンスを凝縮した
AX・AYシリーズは、たちまち多くのユーザーの心を
掴みました。その名作ゲームが今、エミュレータで蘇ります。
当時は実機が高価で手が届かなかった方、
実機を所有されていたが今は処分してしまった、
という方々はもちろん、「PC-8001/6001って何?」
という若い世代の方にもお楽しみいただける内容
です。

●NEC8ビットPC創世記のキーパーソンと一緒に、
当時を振り返る!

PC-8001/6001を取り巻く各界のキーパーソンインタビューを
多数掲載。ゲームコンテストへの応募がきっかけとなり
ゲームクリエイターとなった、チュンソフト社長・中村光一氏、
『PC-6001ユーザーのバイブル』とも呼ばれる
『こんにちはマイコン』の作者、漫画家・すがやみつる氏など、
NEC8ビットPCを支えた方々のインタビューと寄稿文を多数、
掲載しました。

■豪華付録
●袋とじ! パロディ版『ア・スキー 2005』
'80年代のマイコンファンにとって思い入れのある
『月刊アスキー パロディ版 ア・スキー』を復活、
2005年版を袋とじ付録として
添付しています。

●PC-8001&PC-6001 1/6スケール・ペーパクラフト
初代PC-8001とPC-6001を1/6スケールで忠実に再現した
ペーパークラフトを掲載しました。
付録CD-ROMには印刷用のPDFデータも収録されており、
お手持ちのプリンタで印刷していただければリアルな
PC-8001とPC-6001のミニチュアモデルが制作できます。

●懐かしのゲームを31本収録(バージョン違いを含む本数です)
『ASCIIソフトウェアバンク PC-6001 AXシリーズ』と
同『PC-8001 AYシリーズ』から名作の数々をエミュレータに
載せて収録しました。名作と言われた『オリオン』『クエスト』
『オリオン80』など懐かしのゲームが今、蘇ります。

■目次

・本格的なコンピュータを世に送り出したかった
 PC-8001開発者 加藤 明・土岐泰之インタビュー

・解体天国 PC-8001・PC-6001

・PC-6001に敵はいなかった! 生みの親 
 松田博利・尾崎孝之インタビュー

・付録CD-ROMの使い方

・昔懐かしい、あの思い出のゲームが今、蘇る!
 アスキー・AXシリーズほかゲームレビュー

・伝説の作者達が20数年ぶりに集まった!
 僕らが、このゲームを作った AXシリーズ作者座談会

・すがやみつる こんにちはマイコン 21世紀哀愁編
 パソコンのおかげで人生が変わった 
 インタビュー・すがやみつる

・軍ユのペーパークラフト道場・出張版
 1/6スケールで蘇る PC-6001/PC-8001

・「ドアドア」を生み出した伝説のプログラマーが語る
 ゲームに惹かれた、あの頃 インタビュー・中村光一

・今では消え去ってしまった珍しいマシンが大集合!
 世界の珍ピュータ

・伝説のゲーム作家 芸夢狂人

・どこかApple?に似て低価格 
 懐かしい魅力がつまったPC-6001

・大発掘! 魅惑のPC-6001カートリッジの世界

・あの頃のログインは熱かった
 懐古トークセッション 
 河野マタロー&高橋ピョン太

・SFアドベンチャーの傑作が今、蘇る!
 コロニーオデッセイ大研究







posted by retrogamer at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | NEC PC-88/98/60/66 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113311794

この記事へのトラックバック