>

2009年02月19日

アルゴスの戦士の海外遠征!?「Ryger」C64

アルゴスの戦士の海外版、Rygerはコモドール64にも移植されてました。


もち、テクモのアーケードゲームの移植!!!
元々海外受けしそうなゲームだったから、
海外でもけっこうヒットしたかもね。

やっぱ、アーケード版の画面はキレー!


それでもコモドール64は、ホビーパソコンだけあって、
やっぱりPC-88などよりは動きが良い。色数が少なかったり、
ドットは粗いけど、やっぱりアクションゲームはキャラが
なめらかに高速に動いてナンボですからね(^^)

それにしても、敵の攻撃も激しいし、難しそう!

 SIDによる重厚なベース音はPSGとは一味ちがっているように
聞こえちゃうネ。
でも、あまりSID音源がいかされていないように思う。


そういえば、ファミコン版ではハチャメチャになってましたね。







アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃 980円


なにゆえ!?「はちゃめちゃ」



そういえば、PS2でも続編出てましたね。








そして、wiiでも。
それにしても、いまだに続編が出るってところがスゴイ。




アルゴスの戦士 マッスルインパクト 2,172円



やっぱり、日本よりも海外を意識してるように思えのだが・・・
真相は!?



posted by retrogamer at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外PC 海外ゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。