>

2009年02月25日

Cube Quest (レーザーディスクゲーム)

Cube Quest っていうレーザーディスクゲーム。



1983年リリースのアーケードゲーム。
その当時最先端と思われるC.G.がふんだんに使われていて、
贅沢ですよね。
ワイヤーフレームも多用されていて、どことなく、TRONっぽい。

ゲームはマイクロコズムみたいだなって思ったのは私だけ?
結局は背景をレーザーディスクで垂れ流して、キャラクターだけ
アーケード基盤で動かしているわけです。でも、臨場感はバツグン!

こういう昔の技術で作られた3D C.G.ゲームって、今見ると
シュールで好きです。

<CM>

一般家庭では使えないだろうけど・・・




BB cyber DAM(DAMG-100) 525,000円


定価 2,415,000円 (税込)

BB cyber DAM(DAM-G100)は、先進的な感覚を持ったカラオケルームや客単価が比較的高めのナイト市場カラオケ店をターゲットとした新世代の標準となる通信カラオケシステムです。

■カラオケ基本性能
 
 楽曲・映像・音質といった通信カラオケの基本性能において、DAMシリーズで培ったノウハウを高レベルで結集。さらに、音にこだわるカラオケファンも納得の演奏を実現する、実際にミュージシャンの演奏データを収録した楽曲コンテンツを収録しています。

■ あらゆるカラオケファンの要望に応える、約50,000曲もの膨大な収録楽曲数
(邦楽 約36,600/洋楽 約4,200/韓国曲 約3,800/中国曲 約4,800/フィリピン曲 約600)
■ 合計2,200曲以上の数量・質共に圧倒的な『歌手本人出演映像』を収録。
■ 音にこだわるカラオケファンから定評がある第一興商のレーザーディスクカラオケシリーズなどから実際にミュージシャンが演奏し、収録した楽曲コンテンツ『生音演奏曲』を約5,000曲収録。
■ プロエンジニアのマイクテクニックを再現する『ボーカルプロセッサー』を内蔵。
■ 学習機能を備えた「アクティブハウリングキャンセラ」を新開発、様々なサウンド環境に対応。


 
 ■機能・コンテンツ
 
 採点機能、お手本のボーカル(歌)を収録したガイドボーカル機能などが大幅に向上されたのをはじめ、オプション機器「DAMステーション」を使用することにより、ブロードバンド環境に対応するコンテンツを提供します。

■ 『精密採点』により、ビブラート・抑揚といった、従来の採点機能では評価困難な歌唱ポイントを正確に診断。表現力豊かな歌唱に対しても納得の結果を表示します。
■ お手本のボーカル(歌)を収録するガイドボーカル機能には、歌唱が途切れた時のみお手本ボーカルがアシストするインテリジェントな『ガイドボーカルアシスト』を新採用。
■ ブロードバンド環境を活用し、『歌手本人出演映像』や『生音コーラス』、曲間放映用『プロモーション映像』などを配信で追加・更新。
■ 録音機能搭載により、オプション機器「DAMステーション」使用時に、オーディションサービスなどへの歌唱データのエントリーなどが行えます。
■ オプション機器「DAMステーション」を使用することにより各種機能・コンテンツ・サービスを実現します。→詳細は「DAMステーション」項目参照



 


ラベル:レトロゲーム
posted by retrogamer at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アーケードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。