>

2009年03月02日

巨大ラクダを倒せ! 「Attack Of The Mutant Camels」

「Attack Of The Mutant Camels」 ってゲーム。
コイツは変わったゲームだぜ!

まるでゴジラのように突然変異で巨大化してしまったラクダ。
何故か口から戦闘機を打ち落としてしまうほどの破壊力がある
ツバを飛ばすことが出来るようだ。
このままでは世界が闇につつまれてしまう!
みたいな感じで、スタシーップでやっつけろ!!!
ってなゲーム。

どことなくスターウォーズの1シーンをゲームにしたような感じも
しますね。スターゥオーズでは2足歩行の巨大ロボットだったけど。


ファンタジーゾーンのボス戦みたいに、左右に自由にスクロールしながら
左右からドッグファイト出来るのもこのゲームの特徴。
 エリア内の全てのラクダを駆除するとワープして次のエリア
に行くってわけだ。ワープの演出もけっこいい!

 ちなみに、ファンタジーゾーンやりたくなったら、
コレ、なかなかいいぞ!




PS2 ファンタジーゾーン コンプリートコレクション 2,231 円


 そういえば、
 以外に左右に自由にスクロール出来るシューティングって
少ないよね。
 思いつくのはバルトロン、チョップリフター・・・他に
どんなのがあるでしょうか?



Attack Of The Mutant Camelsは、ATARI版もあるぞ!

こちらはなんとなくエクセリオンみたいな立体感ある背景でシュール!
このセンスすばらしい!
効果音もいっちゃてます(^^)


よくワカランのだけど、海外ではアーケードでも出そうとしてた!?
プロトタイプ!?






 なんだか凶器の沙汰・・・・じゃなかった、 
狂気の沙汰って感じで、まるでDECOゲーの世界!
でも、おもしろそう!

そういや、DECOの「THE GREAT RAGTIME SHOW」と
雰囲気が似てる!


これも変わったゲームでしたからね。

あるいみ、プレーヤーがいろいろなマシーンに乗り移れるという
レリクスみたいなゲーム(^^)


操作性は大味だけど、とにかく豪快。見てると楽しいゲーム。

とにかくワイヤーでなんでも吊り上げられて楽しいのなんのって!

でも、マイナーゲーム。
当時はというと、まさに「時代はスト2 一色」でした。
ザ グレートラグタイムショーなんて、いったいどれくらいの
人が知ってるのだろうか!?

もうちょっと脚光を浴びても良いゲームだと思うんだけどなあ。


ラベル:レトロゲーム
posted by retrogamer at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外PC 海外ゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。