>

2009年03月12日

海外のバーガータイムのCMはセンスいい。

レトロゲーム機「intellvision」用の「バーガータイム」の
TV−CM.
こ、このBGMは・・・ぴかぴか(新しい)

おおおお、これって、あのバーガータイムのBGMがテクノポップに
なっているじゃあないですか(驚)
このアレンジ版BGMをじっくり聞いてみたいけど、やっぱりCM専用に
作られたトラックなんでしょうか?

CMもアニメとCGの合成ぽくって、なかなかかっこいい。
ちゃんと三次元ワールドが展開されているじゃありませんか!
今の技術だったら、ほんとに3Dでゲーム化できちゃいます
からね。とはいえ、バーガータイムを3D化すると遊び
にくいかもしれないけど(><)


それにしても海外版のわりにはかわいらしいゲームパッケージじゃあないですか。
だって、コモドールだと、こんなスゲーパッケージだよ。

えぐすぎるよ、ピーターペッパーさん!

日本だとナムコからリリースされていたファミコン版が有名だよね。





 でも、実は、
元祖はDECO(データイースト)が作ったアーケード版「ハンバーガー」です。


でも、
よーく考えると、人間よりもでっかいハンバーガーを作るってのがゲームの目的で、
しかも食材であるウインナーたちが人間に襲い掛かるって狂気じみた設定!!!
フツーのゲームじゃありません。
さすが、「変なゲームならまかせとけ!」のデコです。
でも、おもしろいけどね。

ちなみにアーケード気分で、PS2でも気軽に遊べる!



オレたちゲーセン族 バーガータイム 中古 880円





それにしても、インテレビジョン、よっぽどバーガータイムに期待していたんだね。
別バージョンのコマーシャルまであるよ!




おおお、こちらも音楽のアレンジが違うぞ!
80’sテクノ風でいいねぇ。
(1983年放映のCMらしい)

気ぐるみまで作っちゃって!気合入ってるぅ!

実際のインテレビジョンのゲームミュージックは
いかにもPSGって感じの素朴なものだったけどね。

なかなか良い移植!?

画面はけっこうキレイだよね!?キャラクターが大きいから、
ぱっと見は「ドアドアmkII」にも見えるけど(笑)




でも、やっぱりファミコン版の方が遊びやすいかな!?





けっこう楽しいんだよね。燃えるよ!







posted by retrogamer at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115488172

この記事へのトラックバック