>

2009年06月17日

現代に蘇った!?「10円ゲーセン」

どうです!? 懐かしい雰囲気のゲーセンでしょ!?

090614_135352_R.jpg

ここは、なんと、某ゲームセンターの10円コーナー!

懐かしいゲームが、なんと! 10円から遊べます


ほら!
ホントに10円で遊べるよ!

090614_135126_R.jpg


ほらほら! 20円のもあるぞぉ!

090614_135150_R.jpg


なつかしい!!!

090614_135203_R.jpg


おおお!

090614_135223_R.jpg




しかも・・・・
こんなものまで10円で遊べちゃいます。

090614_135303_R.jpg

でも、どうせならアウトランを10円で遊びたいんだけど・・・
それは贅沢か!?


 さらに
クレーンゲームや、プライズマシーンも10円のものがあります。

090614_135404_R.jpg


 ほんと、すでに絶滅した
はるか昔の駄菓子屋のスタンディングプレイを思いだしちゃいます。
 その昔のデパートの屋上なんかも似たような雰囲気でしたよね!?

 なつかしい。



もちろん、レトロゲームだけでなく新らしめの100円ゲーム
のコーナーもあるよ。


 実はココはショッピングセンターに併設(モール)の
ゲームセンターです。

場所は、ココね。




地図のレバーで縮尺を変更すると場所がわかりやすいよ。

お近くの方は行ってみては!?




<CM>




Techno sculpture 2,520 円


ディスプレーが輝き、スピーカーが電子音を発し、僕らをもうひとつのリアリティへと運んでくれる「どこでもドア」、それがアーケード・ゲームだ。テクノロジー仕立ての巨大なプラスティックの塊。これこそが現代の彫刻だ。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ドライビングシミュレーターから始まり、バイク、競走馬、スキー、スノボ、カヌー、筏、ギター、ドラム、キーボード…。アーケードゲームにはまだどこか、まだ少しだけ、異様なものの匂いが残っている。プロフェッショナルなデザイン業界から遠く離れた世界の片隅で、独自の輝きを放つ「手仕事」。出口なしの閉塞状態に押し込められたデザイン業界にとって、もっとも刺激的な「シロウトの情熱のカタマリ」を、世界各地からピックアップする、貴重なフィールドワーク。


posted by retrogamer at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメですo(〃^▽^〃)o
なかなか興味津々です( ̄m ̄〃)
また覗きにきますね♪僕のブログはちょっと気分悪くするかもしれないのであまりみないほうがよいかと・・・
Posted by 新川すぐる at 2010年05月24日 19:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121585469

この記事へのトラックバック