>

2009年07月10日

Boppin'

 たまには一風変わったゲームで遊んでみたいって思うことありませんか?
私は、しょっちゅうあります(笑)

 特に昔の海外パソコンゲームにそういった変わったゲームが多いんですよね。


「Boppin'」という海外ゲームも、そんな変わったゲームのひとつ。

 1994年のゲームで、DOS用のシェアウエア(今はフリーウエアかも)。
AMIGA版(1992年)が元祖のようです。

そういえば、一文字違いの「B●ppin」って雑誌もありましたね(笑)


 さて、「Boppin'」は どういったゲームだったかというと・・・、

 謎の宇宙人(YeetとBoik)が主人公のアクション(?)パズルゲーム。
謎の宇宙人は夢と信念によって出来上がったコンピューターの中の世界「Arcapaedia」の住人。
(まるでネバーエンディングストーリーのファンタージアンみたいだね)

 その世界が狂ってしまいました。仲間や魔物がブロックに閉じ込められて
しまいました。仲間をブロックの中から救出して世界を平和に導くために、
YeetとBoikは冒険の旅にでたのです!

※ストーリーはかなりテキトーに書いてます(汗)
 (私は英語が ほとんど わっかりませーん!)



 基本ルールは、同じ色・形のブロック(いろいろな形がある)を
隣接させることにより、ブロックを消していき、
すべてのブロックを消すとステージクリアとなる。
ブロックを消すルールはちょとコラムスに似てるかも・・・。


 ただ、このゲームの面白いところは、コラムスやテトリスのような
落ち物パズルではない点。


  プレーヤー(謎の宇宙人)はアクションゲーム(ロードラナーとか)の
ようにマップ上を歩くことが出来る。ただしジャンプは出来ない。上下の移動
には謎の「カーゴなしエレベーター(?)」(せり上げ台)で行う。


 プレーヤーが直接ブロックを移動させて隣接させることもできるが、
それが出来ないような場所では、まるでブロックくずしゲームのように
ブロックを斜めに投げて隣接させるのだ。
 その場合は投げたブロックを隣接させることが出来ずに地面に
落としてしまった場合はミスとなる。また天井が無い場所で、
ブロックが どっかにそのまま飛んでいってしまった場合もミスとなる。


 ブロックは壁にに跳ね返る性質を持っているので、それを計算して上手に
飛ばす・・・って、ほぼブロックくずしそのものだね(笑)


 また、多種のブロックが積み上げられてる場合は、普通の落ち物パズルの
ように、消えたブロックの上にあったブロックは下に落ちるようになっています。
だから、ステージによってはブロックを消す順番を考えないと泣きを見ることに
なります(^^)




 このゲームの魅力としては、シュールな点もあげられる。

 プレーヤー(謎の宇宙人)からして、超個性的な容姿。

 ステージ構成も多彩かつシュール。

遺跡内部のようなステージや、宇宙的なステージ、そして
 なぜか巨大なお寿司がブロックだったり、
青写真(いまどきあるのかな?)のような設計図風のステージがあって、
それがまた幾何学風でかっこいい。なんとなく「がんばれギン君」を
思い出しちゃいます。




「Boppin'」は、こちらからDLもできるようだけど、
今遊ぼうと思うとDOSの環境を整えるのが大変(><)

●Download Boppin' DOS Games Archive
http://www.dosgamesarchive.com/download/boppin/

 こちらでGamePlay動画も見ることができるので、ソレを見て
興味のある方は、がんばって実際に動かしてみるのも良いですね。


でも、 やはり、WINDOWSのDOS窓では、うまく動かないようだ。

WINDOWS用のPC-DOSエミュレーターも存在するようだけど、
あの時代の味のあるゲームを楽しむためには、
やっぱりホントの実機でのDOS環境のほうが良いんだよね。

 ひさしぶりに昔のPC/ATマシーンでDOSゲームを
遊ぼうとすると、音がでなかったり、字が出なかったりして、大変。

そう! サウンドブラスターや、言語の設定、
EMSメモリの設定などなど、いろいろ設定しないと動かないゲームも多いんだ。

ISAチャンネルの設定や、SCSI−IDの設定、ドライバの設定など、
プラグ&プレーが存在しないDOS時代の設定作業は何かと大変でしたね。

 だって、CD-ROMを使うのでさえ、ドライバのインストール&設定が
必要だったからね。

 そういったことに苦労した日々を思い出しちゃいました(^^)
今となっては、だいぶん、config.sysやbatファイルの書き方も忘れてきてます(><)

 何年も先にはDOSの設定が出来る人もいなくなってきて、ロストテクノロジー(^^)と
なるのかもしれませんね(^^)


ラベル:レトロゲーム
posted by retrogamer at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外PC 海外ゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック