>

2009年09月03日

ボナンザブラザーズ AMIGA版

AMIGAにもボナンザブラザーズが移植されていました!

「Bonanza Brothers」の魅力は、ソリッドなCGっぽいキャラクター。
細かくてコミカルな動き。そして、最大の魅力は2人同時PLAY!

見た目よりも奥の深いゲームですね。


 AMIGA版はアーケード版に比べるとなんだか解像度が低いですね。





やっぱ、アーケード版はキレイ!







もともとアーケードはSYSTEM24という解像度が24Khzの基板。
そう、PC-98などと同じ640×400ドットの表示なんです。

当時の一般的なアーケード基板は15Khzで320×200だったから、
Sytem24の解像度は倍の細かさでしたね。
そのかわり専用のディスプレイが必要だったりと導入には
大変だったようです。

System24は、その高い解像度を利用した、小さなキャラクターが
チマチマと細かく動くゲームが多数リリースされましたね。

 また、System24の特徴に、フロッピーディスクが搭載されていたって
こともあげられるでしょう。

普通にPC-98などで読み書き出来る2HDの3.5FDを採用してました。
そんでもって、PC-98などで、普通にディスクコピーしたディスクで
ゲームが起動できちゃいました!

といっても、68000MPUソケットに
ぶっ刺すコピー防止のためのセキュリティチップも、
同時に基板に刺して使用しないと
動かない仕組みになっていたんだけどね。

ってわけで、プログラムの大部分が1枚のFDに入っていましたね。
そのぶん、ROMのコストが安くすることができたのでしょうね。

もちろん、後期にはFDドライブを使用しなくても動く、
オールROMのゲームもあったんだけどね。



今、お気軽に遊ぶにはPS2版がいい・・・かな!?




イチニのタントアールとボナンザブラザーズ1,520円


posted by retrogamer at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外PC 海外ゲーム機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック