>

2007年03月27日

アメフトゲーム

写真は10ヤードファイトのMSX版ROMカートリッジ。
10Y1.JPG
かつてアイレムから発売されていた
「名作」とされるアメフト(アメリカンフットボール)
のゲーム。

アーケード生まれのこのゲーム。
当時、ファミコンやMSXで発売されていました。

とてもよく出来ていた。でも・・・。




10Y2.JPG
 実は、アメフト(アメリカン フットボール)自体の
ルールが全く理解できず、ぜんぜん楽しむことが
出来ませんでした(爆)


 しかも、説明書無しで手に入れたため、なにがなんだか
まったくわからないまま、フォーメーションチェンジ
(かどうかも不安)になったりします。



やはり、自力でルールを理解することが出来ませんでした(汗)



それに懲りず・・・。
何年かあとに、セガマーク3のソフトをコンプするという
目的で、「グレート フットボール」というソフトを
買いました。

このときは説明書もあったのですが、やはり、アメフトの
難解なルールになじめず、あまり遊びませんでした。
 ただ、ファンキーK.H.氏(代表曲:スーパーハングオン、
SDI、カルテット、ギャラクシーフォースの一部の曲等)が
手がけたという、音楽がすばらしく、そのために何回か
遊んでみました。でも、すぐにフォーメーションチェンジ
(かどうかは不明)になってしまうので、
すぐに音楽が中断されてしまいます。
音楽はFM音源に対応するまえなので、PSGなのですが、
それでも、なかなか良く出来ていました。




 それにも懲りず、また何年か後に、こんどは
メガドライブで
「Joe Montana SPORTS TALK FOOTBALL」
というソフトを購入。
 

 このゲームの売りは、TV中継のごとく、ジョー モンタナ
が英語で中継するということ。

 このゲームで世界初の(だったと思うけど)音声解説を
体験してみたくて購入。

 たしかに、モンタナ(ほんとは知らない人だったけど)が
熱心に実況中継してくれて「臨場感抜群!!!!」

 ・・・だったのですが、やはり、このときも難解なルールが
理解できず、あまり遊ばなかった。



 大人になった今なら、アメフトのルールも案外簡単に
理解できるのかもしれないが、どうも昔に
「ルールがとても難しかった」というイメージがあって・・・。


 うーん・・・・、
 アメフトのルールそのものを理解しようとしない自分が
悪いんだろうけど、やはりスポーツゲームは、サッカーとか
野球の方が楽しいですね。
(個人的主観ですいません)

















posted by retrogamer at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。