>

2007年04月03日

コナミの昔のゲームが遊びたくなったら・・・

 コナミの昔のゲームが遊びたくなったら・・・

 いままでも、MSXのディスクやゲームボーイ、アドバンス、
サターンや、プレステなど色々な機種で、色々な形態で
コナミの昔のゲーム集が発売されていました。

特に、MSXコレクションはコアなゲームが収録されていて、
お気に入り。
 


 でも、やはり、一番遊びたいのは、
 なんといってもアーケード版。

 で、このたび(ついこの間の2007/3/15)に、
ニンテンドーDSで、どこでもお手軽に遊べるコナミの
昔のアーケードゲーム集が発売されました。

それがなにかといいますと・・・。

「コナミ アーケード コレクション」です。





収録タイトル一覧

スクランブル(1981年)
タイムパイロット(1982年)
ツタンカーム(1982)
プーヤン(1982年)
Track And Field:海外版ハイパーオリンピック(1983年)
ロックンロープ(1983年)
サーカスチャーリー(1984年)
スーパーバスケットボール(1984年)
ロードファイター(1984年)
イー アル カンフー(1985年)
グラディウス(1985年)
グリーンベレー(1985年)
ショーリンズロード:少林寺への道(1985年)
ツインビー(1985年)
魂斗羅(1987年)

とりあえず、グラディウスとツインビーが入っているだけでも、
「買って損なし!!」
でも、あまり聞いたこと無いタイトルの中にも
「知る人ぞ知る名作」が収録されています。


ツタンカームはこれが家庭用初移植!と、
どこかで発表されていましたが、
「天知る、地知る、人ぞ知る。お前のうそを知っている」(笑)
実は、ちゃんと移植されているぞ。CASIOのPV-1000にて
移植発売されていました。(PV-1000は後日紹介予定)
 といっても、事実上は、移植されていないも同じか(笑)
だれも知らないよなぁ →カシオ PV-1000.

 ちなみに、スクランブルもプーヤンも、PV-1000で移植
されていました。

 スクランブルはグラディウスの先祖とも言われている
初期の名作横スクロールシューティング。ぴゅう太や
FLゲームにも移植されていましたが、そういったことは、
また後日、忘れたころに、紹介しましょう。


posted by retrogamer at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。