>

2007年04月04日

ハイパーオリンピック スローイングタイプ

ハイパーオリンピック スローイングタイプ

 ハイパーオリンピックといえば、もともとは
コナミのアーケードゲーム。

 1984年のロサンゼルスオリンピックに便乗して(?)
ゲームセンターで大人気だったゲームです。
HYPER_R.jpg
(ロサンゼルスオリンピック便乗ゲームだった証拠としては、
Hyper Olympic のロゴのHの文字には、アメリカの星条旗
の模様が入っていますヨ)


 基本は、ボタンの連打と、ジャンプボタンを押す
タイミングが命のゲーム。
 誰が編み出したのか、ボタン連打を薄い金属性の
定規(30Cmぐらいが一般的)をはじくことにより
高速振動させてボタンを連打させるというテクが流行りました(笑)


うーん。スゴイというか・・・。ATARIだし(笑)


 しばらくたって、ファミコンにも専用コントローラー
同梱で発売され、こちらも大ヒット。
 当時のドリフターズの人気生番組だった「8時だョ!全員集合」
でも、コナミ全面協力による「バカ殿様バージョン」が
大画面プロジェクター(だったかな)を使って、
バカ殿様のコント中に、おもしろおかしく志村けん達によって
PLAYされていたのが、なつかしい(笑)


 そんなハイパーオリンピックの「スローイングタイプ」
なるものが存在します。

「それって何?」

 ハイパーオリンピックには、ハイパースポーツや
続編もいくつか存在しますが、「Throwing Type」は、
そう、ハイパーオリンピックのLCDゲームなんです。

HOLYN3.JPG

KONAMIより正式ライセンスを受けた、バンダイ(BANDAI)製品。
ちなみに、姉妹品として「JUMPING TYPE」なる製品も発売
されていました。
 どちらも当時、ファミコンが買えなかった人や、いつでも
オリンピックしたかった人の間では好評だったようです。
たしかに、なかなか良く出来ていました。

 今回紹介します「Throwing Type」では、
「槍投げ」(ヤリなげ)と、
「ハンマー投げ」の2種目が遊べます。


 やはり、このLCDゲームでも、連打が必要です。
こういった電子ゲームにしてはボタンが大きめで、しかも
ボタンの戻り(反動)が良いのでちゃんと連打できるのが
特徴。
ヘニャヘニャのゴムボタンでは、
連打出来ませんからね。

<やりなげ>
HOLYN1.JPG
 まず、RUNボタンを連打することにより、「踏み切り」まで
勢い良く走ります。もちろん、「フミキリ」を超えて走って
しまうとFoul(アウト/ファール)です。
 RUNボタンは連打すればするほどスピードが上がります。
スピードは五段階のスピードメーターで画面上での確認が
出来ます。
 「ふみきり」ぎりぎりでタイミングよくTHROWボタンを
押しっぱなしにし、角度が決まってからボタンをタイミング
よく放して、ヤリを投げます。

<ハンマー投げ>
HOLYN2.JPG
基本的な遊び方はヤリナゲに近いです。
こちらは、連打でグルグル回りながら、タイミング
よいところで、ボタンを押して投げる。



 今、そんな懐かしいハイパーオリンピックをもういちど
やりたいなあって思ったら、ついこの間(2007年3月15日)に
発売されたニンテンドーDS用のソフト
「コナミ アーケード コレクション」を購入するのが
お手軽で良いかと思います。

ハイパーオリンピックの海外バージョン
「Track And Field」が収録されています。
これで、どこでもオリンピックできちゃいます。


ちなみに、あえて馴染みの無い海外名で収録しているのは、
版権がらみのようです。
オリンピック協会の許可を得ていないため、タイトルから
オリンピックの文字を外したようですね。
後のコナミの続編でも、「スポーツ」に名称変更してますしね。
(もっともアトランタの時など、許可を得たのかオリンピック
の名称を使用しているゲームもありましたが)

 これで、どこでもオリンピックがデキチャウわけですが・・・。
 でも、デモね。DSのボタン周辺が遊びすぎでハゲハゲになる
かもね(笑)
 熱中しすぎて、爪が割れても責任はもてませんヨ。
また、けっして、連打用にピンポン玉や定規は使用しないよう
にネ。


 また、「コナミ アーケード コレクション」には他にも
コナミのアーケードの秀作が多数収録。レトロゲーマーと
しては、もう、たまりません(喜)
以下のページも見てみよう。
http://retrogamer.seesaa.net/article/37595385.html









posted by retrogamer at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。