>

2007年04月09日

光速船は夢光年

その昔、光速船というなんとも個性的な
ゲーム機がありました。

それがどんなマシーンだったかというと・・・。

 
  光速船は、
 ベクトレックスの日本版だったりします。
 バンダイから発売されていました。
「コンピュータビジョン 光速船」がフルネーム。
ベクタースキャンによるワイヤーフレームは今見ると
新鮮というよりも衝撃です。

※ちなみに、読み方は「コウソクセン」。
「ヒカリソクセン」や「ひかりハヤフネ」では
ありません。また「高速船」は誤字ですネ。

海外でのTV-CM。とても欲しくなるように構成されている。


ゲーム画面は、こんな感じです。


このゲーム機の最大の特徴はベクタースキャン方式の
特殊なディスプレーを内臓していること。
昔のオシロスコープでゲームをしているかのような
不思議な画像。なんせ、走査線が存在しないので、
線と点しか描けないのだが、
その線がギザギザでない(ドットではなく、線で絵を描く)
ので、とても新鮮な画像。輝度の調整が巧みに行われている
ため、モノクロながら、とても普通のテレビとは違う
独特で、未来的な映像に感じたものです。
 今でこそ、ディスプレーの解像度がとてつもなく細かいので
オシロスコープのような滑らかな曲線や直線でも問題なく
ギザギザにならずに表現できますが、当時ではやはり
ベクタースキャンのなめらかな映像には衝撃を受けたものです。


 画面はモノクロなのですが、
オーバーレイ(ようするに画面に貼り付けるセロファン)を
画面に張ると、一応擬似カラーゲームとして遊べました。
 ちなみに、実は大ヒットどころか、当時社会現象にまでなった
TAITOの元祖「インベーダー」もモノクロゲームでした。
オーバーレイを貼り付けてカラーを表現していました。

 実は、光速船を 1983年ごろ、某おもちゃ屋さんで実際に
PLAYしたことがあって、とっても欲しくなったのですが、
値段を見てびっくり!本体だけでも5万円以上もしてました! 
しかも、本体だけではただのハコ。別売りソフトも必要って
わけで、素直に同じ年に発売された「ファミコン」を
買うことにしました。 

 そして、また別の店になりますが、1988年には、
なんと、7000円ぐらいで、叩き売りされていました! 
 ほんと、何度買おうとおもったことか。
で、1週間ぐらいしてから買うと決意して店頭に
向かったのだが、すでに誰かに買われていました、
ショック。やはり、珍しいものは
見つけたときにすぐに買っておくのが鉄則ですね。

 でも、今思えば、ソフトがなければ何も出来ないし、
もしあのとき買っていたら、ソフトも無いのに
いったい、どうしたのだろう?
なんて思ったりもします。

でも、今では光速船の希少性が認められてか、
10万円以上の値が付くこともあるとのこと。
やっぱり、あの時GETしておくべきだったかなあ。


 高速船(Vectrex)のファンは現在でも健在で、
なんと、新作ソフトを個人で作っているマニアな
外人さんもいるぐらい。それらの起動方法は、
作者様が、EPROMに焼いて実機にて起動できるように
したものを販売してくださったり、エミュレーター用
イメージファイルを無料で公開してくださったりします。
YouTubeでも熱心な外人さん
の動画をたくさん見つけることが出来ます。
 いろいろ、ネット検索すると、たのしいHPが
いっぱい見つかるので、是非ネットサーフィン
して探してみましょう。
でも、ほとんどが、外国のHPなので、記事を
理解するのは大変。

 でも、日本人の方が、がんばって資料提供して
くださっているネットもありました。
その名も  「ALL ABOUT 光速船/Vectrex」
リンクフリーとのことでしたので、さっそく
紹介させていただきます。(感謝、感謝、大感謝)
ここを見れば、ベクトレックス博士になれますよ(笑)
http://vectrex.takuranke.com/


うーん、
なんだか本当に実機が欲しくなってきました(^_^)










 






posted by retrogamer at 00:50| Comment(2) | TrackBack(1) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん最近ショップにて高速船を発見した
んですよね。お値段は本体のみで5〜6万位。
車の修理や車検なんかで、汲々してますので
余裕はないんですけどね。

私はコレクターではないので、このような
値段でレトロ物を買うということはない
のですが、なんだか気になりますね。

retrogamerさんなら、いっちゃいますか?
Posted by 80-cafe at 2008年06月11日 02:28
おひさしぶりです(^O^)!

名古屋でも同価格帯で高速船が動作展示販売されています。たぶん、まだ売れ残っているかと思います。

ソフトも4000円前後で何タイトルか売って
いましたよ。

もう、のどから手が出るほど欲しかったのですが、購入を断念。


購入をためらう理由は以下のとおり。

やはり、いつ壊れても不思議でないほど古いということ。たぶん、こわれても修理が出来ないということ。
ソフトも入手しづらいし、以外に高いということ。
そして、置き場に困るという問題も(汗)

で、正直、お金に余裕もありません(涙)

 とはいえ、
一時はオークションなどでは10万円以上の価格がついていましたし、外国の方の需要もまだ多いそうです。だから、手に入れてから 飽きたら、購入価格ぐらいで売却も可能かとは思います。

 とはいえ、自分の性格からすると、なかなか手放せないんだよねえ。

 というわけで、「購入はガマン」が今の
結論です(^^)

2万円ぐらいで売っていたら、また話は変わってきます(^_^)

Posted by retrogamer at 2008年06月11日 06:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

東海汽船の高速船、高波で事故!
Excerpt: 東海汽船の高速船が、伊豆大島から久里浜港に向かう途中、約40ノットで航行中のところ、前方に高さ3メートルの波を見つけ、舵(かじ)と水中翼で回避しようとしたが、避けきれず波に船首が突っ込んだ。 ..
Weblog: ☆太平洋フェリーの旅☆クルーズ☆船☆海☆
Tracked: 2007-05-20 14:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。