>

2007年05月10日

SEGAゲームのパズル Vol.1

いきなりですが、IQ150の問題。

Q(このパズルが完成すると何になるか答えなさい。

SE (3).jpg

ヒント:・SEGAのゲームです。
    ・80年代後半に流行ったアーケードゲーム。
    ・ゲームの画面がそのままパズルになっています。
    ・家庭用にも移植されています。
     アーケードでも、家庭用でも続編が・・・。
    ・パズルは、テレビ画面を模した黒枠も含まれて
     いますので、黒い部分は外周ということになります。


さあ、このパズルのゲームは なんでしょう。
もうちょこっとヒント。

SE (4).jpg


うーん、ますます わからないかな!?

SE (2).jpg



ヒント、おわり!!

ここでわかれば、IQ 128ぐらい(笑)


答えの前に、このセガのパズルシリーズについて、
簡単に説明しましょう。


このパズルは1988年ごろに
当時の「SEGAのTOY事業部」から
発売されていました。


ごく普通に、おもちゃ屋さんにおいてありました。

252ピースで、大きさは324X252mm

標準、製作時間は60分とされている。

「EXCITING PUZZLE」シリーズの一品で、
5種類のゲーム パズルが発売されていた。
(もっとあったかもしれないけど)

キャッチフレーズは
「パズルてこずるオモシロさ!!」

たしかに、そのとおりで、

「なかなか難しい」

それでも、ちょっと集中すれば、買った
その日には完成できる。







それでは、そろそろ答えをお見せしましょうか。


「あ、やっぱりそうか!」


って方、あなたはスゴイ。


「え!?」って思っつたあなた、
それが普通です(笑)


こたえは・・・


A)アフターバーナー2

SE.JPG


やっぱりF14トムキャットはかっこいいですねえ。

SE (5).jpgSE (6).jpg


ところで、ヒントで述べた続編というのは、

最近、突如としてスクランブルしてきた
「アフターバーナー クライマックス」のこと。

この「Aftre Burner Crymax」では、
アフターバーナーUの音楽のアレンジバージョンも
流れるので必聴だぞ!

他には
CRI(CSK総合研究所)がFM-TOWNSで作った
「After Burner 3」という
ものもあるけどね。
MEGA-CDにも移植されてました。


タイトルは違うけど、事実上の続編としては、
G-LOC、Strike Fighter、R360、Sky Target
などがありましたネ。





ちょっと調子にのってPS2版とコラボしてみました。
SE (1).jpg

しつこいようだけど、
やっぱり F-14はかっこいい。

(一応、ゲーム上ではA国製の戦闘機は
 F-14もどきなんだけどね。)


なんだか、ひさしぶりに「トップガン」が
見たくなりました(笑)


TOP GUNはサイコー。




さて、
このジグソー パズルのシリーズには
他に、以下のタイトルがあります。

・アウトラン
・スペースハリアー
・スーパーハングオン
・サンダーブレード


特に、OutRunが美しい。

また、後日にでも紹介しましょう。



というわけで、ゲームもいいけど、
たまには、じっくりと
パズルでも作るのも楽しいヨ。


















ゲゲゲの鬼太郎 球体 3Dパズル!








ラベル:SEGA パズル トイ
posted by retrogamer at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | SEGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。