>

2007年06月01日

ソフマップの株主優待券が届いた!

 今日、家に帰ったら、ソフマップの株主優待券が
届いていました。
SOFMAP.JPG
 今年は、この券で何を買おうかな!

 ソフマップに置いてある商品なら何にでも
使えるのがうれしいですね。
(東京 秋葉原だけでなく、大阪や名古屋のお店
 でも使用できるし)


 去年はsofmap店頭に置いてあった
レトロPCの記事を扱っていた
コンピューター雑誌を3000円分ぐらい買いました。


こんなような本を買いました↓

PC-88本






PC-80/60本









<マネーゲームしてます>

 実は、retrogamerはマネーゲームも楽しんでいる。
といっても10万円以下で購入可能な株や、
世間的には「ボロ株」と呼ばれている小額から
購入可能な銘柄が中心です。。
 
 単元株数が少なくて、小額から購入可能な
株も購入対象です。

 ソフマップの単元株は100株。
つまり、100株から購入可能。
しかも、今なら1株が
300円〜400円台で買える。

※もしも、株価が300円で 単元株が100株だと
 300円×100株=3万円 の出費で購入できる。


 つまりは、
 3万円から4万円ぐらいの間で買える
ことになる。



<ソフマップの株>

 ソフマップの株は純真に投資目的で買うのは
お勧めできません。けっこう上がり下がりが
激しくて儲けるのはけっこう難しい。

 たまに祭り(STOP高)がおきて、一日にして大儲けできた
こともあるけど、下がるときはいっきに下がったりして
心臓に悪い。

 とにかく、値がどんどん上げって入るときは、
さらに上がるだろうと期待してしまい、
株を買い足した上に上昇を待っているうち
に一気に暴落。

「欲張りものの末路よのう」ってことに(悲)

 これが1日のうちに、上がったり下がったりが
起きることがあるから、恐ろしい。
だからデイトレが成立しちゃうわけだが。


 逆に、下がり調子のときに、
「もうこれ以上下がらないだろう」と思って
ふんばっていると、さらに下がって大損なんてことも。

 今が底値と思って、今後に期待して
購入したはいいが、
さらにどんどん下がったりと・・・。

 ソフマップに限ったことではありませんが、
 どちらかというとバクチ株なところもありますね。
それが楽しいといえば楽しいのかもしれませんが(笑)



 やはり、一攫千金は難しい。




<株主優待>

 株は売買するだけで利益(損益)が発生するのはもちろん、
配当金や株主優待がもらえるのも魅力。

 ソフマップの場合は、なんと3000円分の
商品券がいただける。

 この商品券は1年間有効。今年は、これで何を買おうかな?

 ※  昔は、祖父地図(ソフマップ)からは、さらに
   配当金まで いただけたが、最近は業績悪化のため無配。
   もしも、優待券まで廃止になったら、魅力半減ですね。
   株を入手する値段のわりに、商品券ながら配当額が多い
   のは太っ腹ですね。
 

 この商品券をいただける条件は、2月末の時点で、100株
を所有していればOK。つまり、2月末の権利確定日の1日だけ
でも株を所有していればGETできてしまう。
これはおいしい。

 でも、この権利確定日付近の株価は読むのがとても難しい。

 株は売りたい人が多ければ、値段が下がり、買いたい人が
多ければ値段が上がる。ほかにも会社の業績とか色々な
要素で上下するので、なかなか予想は難しい。

 つまり、この権利日付近で優待目的の人が集中するので
一見株価は上がるように思うが、実は、このときが売り時
と思っている人も多く、けっこう難しいのだ。
 また、権利確定以降の売り時も難しい。直後に売却した
方がとくな場合もあるし、しばらくホルダーしておいたほうが
高くなることもある。

  ちなみに、
  今年の場合は、どんどん下がってきている。
 現在の株の値下がり損益は優待券分の3000円を
 超えてしまった。 売り時を誤った。

 ここは、貯金とわりきって、来年の2月末まで
株券を保有しておけば、来年もまた優待券がいただける。
もちろん、それまでに入手価格よりも高値が付いたときに
売るのも狙っている。

 株はあらかじめ、この値段に値上がったら売る、
 ここまで下がったら売る 
というふうに、よくばらないことが成功の鉄則らしい。

 でも、「欲張りもの」のretrogamerは やはり、損切が
なかなか出来ない。

 retrogamerは株には向いていないようだ。




<ネットで気軽に出来る>


 ご存知の方も多いかとは思いますが、いまどきは
インターネットからリアルタイムで株価が閲覧できて
しかも、リアルタイムで売買も出来てしまう。

 だから、デイトレーダーが生まれたわけ(笑)


けっこう本とか読んで研究したのだけど・・・。







<株のゲームで遊ぶのもイイかも>

 その昔はファミコンでも株のゲームがありましたね。
やはり、現実の株はゲームほど甘くないですが、
それでも、実際に自分のお金が増えるのでけっこう
楽しい。
 大損をしたときは泣きたくなりますが。 

 まずは、ゲームで練習なんてのもよいかも。










 <実は、ライブドア株も・・・>

 実は、Live Doorの株もかつて所有していました。
 ホリえもん こと、堀江貴文氏は、実はretrogamerと
同じ年齢。他に有名人ではスマップの中居正広さんとか、
木村拓哉さんとかも同じ年齢ですね。




 だから、同じ年齢にして、時代の寵児となった
ホリエモンにはとても期待していたのだ。


 話は少し昔にさかのぼる。
(たぶん、2000年ごろのお話) 

 まだLiveDoorが有名になる前のお話。

 電話回線による無料のブロバイダ(アクセスポイント)が
LiveDoorから提供されていて、会費も、使用料も全て無料
という大変すばらしいサービスがありました。
 メールアドレスも無料で使用可能でした。
 ただし、LiveDoorから提供される宣伝メールが定期的に
送られてきます。また、メールはこのLiveDoor接続
以外からは使用不可能という制約がありました。
でも、本当に電話料金の負担だけで、ごく普通に
インターネットが使用可能でした。

 だから、「インターネットをちょっとやってみたいな」
という方にはとても便利でしたね。


 それから、3年後ぐらいかな。
TVで、ライブドアやホリエモンを しょっちゅう見る
ようになったのは。

 最初は、あの無料インターネットの「ライブドア」と
同じ会社だとは最初は気が付きませんでした。

 でも、よーく考えたら会社ロゴも同じですし、
IT関連企業なので、さすがに、ちょっとしてから
気が付きました。

あの、昔お世話になった会社なら、だいじょうぶだろう
と思い、株券を取得。

ここの株券はなんと、単元株は1株!!!!
だから、最小だと700円ぐらいで株が購入できた。


 けっこうデイトレにて100株ぐらいを1日で売買し、
良い思いをさせていただきました。
(といっても、ゲームソフト1本分ぐらいの利益 ×5回)

※株価が50円上がれば5000円の利益がGETできた。


でも、そんなさなか、あのLivedoorショック発生!

 幸いなことに、あの逮捕劇直前に全部、Livedoor株を
売ってしまっていたんですよ。

 友達とか、会社の人に、
「おい、だいじょうぶか」と聞かれました(笑)

 幸いにしてretrogamerは大丈夫でしたが、世間的には
大変なことに・・・。
 


<最後に>

 今回の記事をお読みになった影響で株をはじめられて
損をされても責任を負いかねます。
 やはり、自己責任の世界ですから。

 やはり、株は危険と隣り合わせということを認識して、
余剰金で行いましょう。








楽天 テレビゲーム市場
きっと遊びたいゲームが見つかる・・・。





楽天 ダイエット市場
ゲームで なまった体を シェイプアップ!!
きっといいものみつかるヨ。



posted by retrogamer at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43518000

この記事へのトラックバック