>

2007年07月25日

ビリーにくびったけ

ダイエットグッズといえば、
 アブフレックス、ブルブルシェイプ、ゼナドリン、
ビール酵母、納豆(^_^)、コンニャク、ガルシニア、
カプサイシン、EMS(アブトロニック)、KARTS、乗馬マシーン、
ターボセル、NARL、マッスルトレーナー(重りの入った靴)
など、など・・・ 他多数。

  世の中にはダイエットや筋トレグッズ、サプリメントが
あふれています。 
 すぐに消えていった商品、未だに人気のベストセラー商品、
新たなアイデアの商品などなど・・・。
 移り変わりもけっこう激しい。

 retrogamerも、いろいろ試してきました(笑)

 そんなエクササイズ関連商品の中でも、今話題のこれ。
ビリー.jpg
「ビリー」は、なかなか楽しく、効果も絶大。
「効果絶大」といっても、ちゃんと続けることが出来ての
話であるのは当然。
 なかなか、この手のダイエットは継続させることが
難しいのが難点。

 でも、ビリーが「もうダメだ」と思ったときに、
絶妙なタイミングで励ましてくれるので、
「まだまだやるぞ!」とやる気が出てきます。

 とにかく、
ビリーのキャラクターがいいですね。
アメとムチをうまく使い分けています(笑)

 エクササイズメニュー自体は
軍隊式というだけあって、かなりキツイ。
 最初はとてもじゃないけど、
ビリーバンドなんて使えないほど。


軍隊式、というと、なんとなく、
「ファミコンウォーズ」のCMや、
「コンバットスクール」を思い出してしまいますね。


※ファミコンウォーズについては過去記事もご覧ください。
ファミコンウォーズのCMと
スーパーファミコンウォーズのイントロ
http://retrogamer.seesaa.net/article/48070932.html


 そして、
やっぱり、ビリーというと「餓狼伝説SPECIAL」を
思い出すし、ブートキャンプというとIntel macを
思い浮かべてしまいますね。

 これだけ大人気だし、
ビリーもゲーム化すると売れるかもネ。
(そんなオファーも既にあるのかもしれませんね)

 がんばり具合によって、ビリーのメッセージが
いろいろ変わったり、いろいろなアングルから
ビリーを見れたり、自分もスーパーインポーズで
画面の中に参加できたり・・・。
 考えただけでも楽しそうです。

 やっぱり、ゲームにすると、インタラクティブ性が
あったり、スコアが出たり、過去の履歴を残せたり
できるので、「続けられる要素」がDVDよりも
増す気がしますネ。

 さらに、ためたスコア(ポイント)で、次の
ステージに進めたり、ワールドツアーにいけたり、
弟子になれたりというRPG的要素があると
さらに燃えそうですね。

 また、ネットでランキングを競えたり、WEBカメラ
でチャットしながら(テレビ電話状態)同時に、仲間や
見知らぬダイエッター(笑)と「ビリー」が出来たりすると、
恥ずかしいけど、楽しいかも。

 往年のファミリートレーナーみたいに、専用
マットとセットだと面白いかもね。
 XANAVIテクノロジーの導入でも面白いかも。

 家庭用での展開でも面白いけど、案外、アーケードで
リリースされてもヒットするかも。
 ゲームセンター(アミューズメントセンター)が
汗臭くなるのはチョット・・・ではありますが(笑)

 実際、「SASUKE」と「筋肉バトル」は
エポック社が家庭用専用ハードでゲーム化されています。

その名も「サスケ&筋肉バトル!! スポーツマンNO.1決定戦」
 足のマットと、ハンドル型の握るタイプの2つの付属専用
コントローラーで遊ぶ。






 だから、ビリーだって出きるはずだ!
 版権は高いかもしれないけど、なかなかビリーが
OKを出してくれないかもしれないけど、
 どこかのメーカー、商品化してくれないかなあ。




 



<2007/9/23追記>
近所のお店でビリーバンドもどきが売ってました。
これを買えば、友達とも一緒にビリーできます!
おもわず買いそうになりましたが、
やっぱり やめておきました(笑)

そういえば、またビリーがやってくるんですね。
前回、名古屋に来たときはキンピカタクシーに
ビリーが乗ったらしい。


 キンピカタクシーについては、こちらの過去記事中を
参考に。
●あこがれの「オバQ Gold」
 「オバケのQ太郎わんわんパニック」のお話
http://retrogamer.seesaa.net/article/44142603.html





<ビリー&ブートキャンプ関連記事>






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック