>

2007年08月25日

retrogamer帝国 崩壊 Y(>_<、)Y

 retrogamerのコンピューターデスクが
崩壊しました。

RGM1_R.jpg 

写真で見るよりも現実は深刻です。
悲惨です。
大変です。

どうして こんなことになったかというと・・・


 あきらかに
上にモノを乗せすぎなのが原因。

 机の上にラックや機材がたくさん
乗っているし、
そもそも、ディスプレーからして、
21インチのDTP用のCRTで40Kgを
超えるシロモノ。

 机がしばらく前から湾曲していたので、
いつかはこうなるとわかっていたのですが、
ついにそのときがやってきました。

 机が湾曲したときには
ちょこっと亀裂も発生していました。

ならば、

「壊れるまで
 ほっとくなよ(−"−)」
と つっこまれそうですが、
ほんとうに、その通りです。



 机の崩壊は昨日(金曜日)の不在中に
おきました。

 家に帰ってきて部屋に入ると、このありさま。
びびりました。

 床が抜けたのか? とも一瞬思いましたが、
床はどうもありませんでした。

 昨日は夜遅く帰ったので、あのままの状態を
維持しつつ、机がまっぷたつになるのを
びびりながら眠りにつきました。

寝ていると、時々「みしっ」という音がするので、
そのたびに びびっていました(汗)


 それにしても、思ったよりは被害が少なく
ある意味、ほっとしました。



ほら、かなり、ななめになってるでしょ(汗)
RGM2_R.jpg


真っ二つにならなくてよかった(ホッ)
RGM4_R.jpg


これから机の上の機材を全部移動させて机を
交換しなければならないかと思うとぞっとする(泣)
RGM3_R.jpg


ごちゃごちゃ配線。復旧への道は けわしい。
hs_R.jpg

 それにしても、机が崩壊するときには
机が完全に真っ二つに折れて、
上に載っている物が全て床にたたきつけられて、
「再起不能」になるかと思っていただけに、
ちょっと意外でした。

 パソコンが机の下に2台あるのですが、
外付けHDも含めて全て無事でした。
不幸中の幸いです。


 机と棚を交換すれば
ゲーム環境も復活できそうです。

 といっても配線も複雑ですし、まずは全て
機材やゲーム機などを他の場所に移動する
必要があります。

 この暑いのに、大変そうです。
ぞっとします。

 これから、がんばって、復興作業を行います。

 まずは、机と棚を買いに行こうっと。

 みなさまも、机の上にモノを乗せすぎないように
しましょう。





posted by retrogamer at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

「崩壊」というタイトルを見てびっくりして
しまいました・・・災難でしたね。。。。
復旧は進んでいらっしゃるのでしょうか?

この際、積載量対策ついでに
耐震対策とか、まとめてリスク軽減を
図れるいいチャンスかもしれませんね。

暑い中たいへんそうですけど、頑張ってください!
Posted by おこさま夫婦 at 2007年08月26日 09:26
こんばんは!
励ましのコメントを頂きまして、
ありがとうごいざいます(^^)

「崩壊」というおおげさな
タイトルで、驚かせてすみません。

復旧は順調に進んでいます。

復旧のため、全ての配線を一度
はずしましたが、なんとか
ネット環境も復帰しました。

今度はさすがに「積載量対策」を
考えました。

「耐震対策」も後に「つっかえ棒」でも
つけようかと思います。

でも、
上のほうには、あまり重いものを
乗せないようにしようと思うので、
「ワイヤー」までは、いいかな!?
って思っています。
(実は、ワイヤーを打ち付けている
ラックもあります)

あと、電源周りも見直しました。
 漏電対策も考えて、普段使わない
装置の主電源をタップで一括で消せる
ようにしたり、サージ(雷対策)用に
交換したりしました。


また、復旧後にレポートしようと
思います。


#実は、もうひとつ、ちょっとヤバイ
ラックがあるのですが、それは今回は
対策見送りです。
Posted by retrogamer at 2007年08月26日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52685029

この記事へのトラックバック