>

2007年08月27日

魅惑のLet's NOTE

 Let'sNoteとはパノソニック製のノートパソコンの
ブランド名。





 主にビジネスマンを対象としたサブノートパソコン。
なかなか魅力あるパソコンです。
 レッツノートは優れたノートパソコンです。
軽くて、小さくて、電池の持ちも良く、
軽快に動作し、そして丈夫(タフ)。

Lnote (2)_R.jpg
写真は「CF-A3」 
CDドライヴが無い代わりに小型。トラックボールがナイス。
とにかく、実用性抜群。



 現行機では、タッチパットになってしまいましたが、
旧Let'snoteの最大の魅力は、操作性抜群のトラックボール。
Lnote (1)_R.jpg


 このトラックボールも、光学タイプのものがあったり、
真っ赤で派手なモデルがあったりと、
レッツラーのハートを
がっちりとつかんだものです。

※レッツラー = レッツノートファン


この旧Let'sNoteシリーズは特殊用途でも大人気。

工作機械を扱う工場で、手袋をはめたままで、
このトラックボールを操るという。
さすがに、タッチパッドではそうはいかないからね。

 かといって、狭いスペースでマウスを動かすよりも
トラックボールのほうが操作性が良いとのこと。

でも、デメリットも存在します。
多くの旧モデルには冷却ファンが内臓していないため、
静かな反面、暑い夏や、温度の高い工場内では
熱暴走を引き起こしてしまいます。

Lnote_R.jpg


Let's noteの魅力は他にもいろいろ
あるのですが、それは以下のHPで語られています
ので、そちらを見てみましょう。

山田祥平の「こんなノートを使ってみたい」:
Let's noteはLet's noteでありつづける
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0611/21/news001.html

※山田祥平氏のほかの記事も読み応えがありますので、
 ぜひ読んで見ましょう。



 今のLet'sNoteは残念ながら省スペース化や
メンテ製の都合からなのか、トラックボールが
廃止になってしまいました。

 またPanasonicからトラックボール搭載の
Let'sNoteがリリースされるといいですね。



PS. トラックボールはやっぱり
  Kensington(ケンジントン)製品が最高!



<関連記事 LINK>

●@青濤なブログ
 愛機Let'sNoteCF-W2、クリニックからの帰還
http://blog.seitou.jp/article/5249745.html




PC-98本








PC-88本






PC-80/60本






PC8801mkII SRゲーム リバイバルコレクション




posted by retrogamer at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロPC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52853798

この記事へのトラックバック