>

2008年03月25日

ドンキーゴリラ PC-88とMZ-700では別物!?

ドンキーゴリラってゲーム・・・。
こ、これは・・・奇抜なゲームですね。
でも、笑えます(^^)


(PC-8801版 ドンキーゴリラぴかぴか(新しい)

〜Youtube動画の解説より〜

あのドンキーコングの孫たちが人間に襲いかかるという、
任天堂非 公認の市販ゲームです。



 うーん、マイコンBASICマガジンに掲載されていた
アマチュア投稿の ちょっとしたゲームのようなクオリティ・・・。

BasicMaster.jpg
(通称ベーマガぴかぴか(新しい)


でも、ゲームが「おもろい」かどうかは最終的にはアイデア。
このゲームは「きこりの与作」のような奇抜さがあるので、
きっと良ゲームなんでしょうね(^^)

YOSAKU_Z3.JPG
(きこりの与作 カセットビジョンぴかぴか(新しい)


 ちなみに、ドンキーゴリラ(PC-88版)は、あの、
ツクモオリジナルソフト。 
もちろん、今でも健在のあのパソコンショップ
TSUKUMO (九十九電気)のコト。

 初期のころはPC-8001用のソフト作成を芸夢狂人氏が
アルバイト(持込)で がんばっていたのは有名な
話ですね。




 ちなみに、ドンキーゴリラは文字だけで出来ている
Sharp MZ-700版も存在しました。
DonkeyGolira.jpg
(ドンキーゴリラ MZ-700版ぴかぴか(新しい)

文字だけで出来ているなんて・・・と思うかもしれませんが、
MZ-700はPCG(グラフィック)がオプション扱いなんです。
つまり、絵を描く機能自体が無かったワケもうやだ〜(悲しい顔)

そういう時代だったんです。

ちなみに、画面で見てのとおり、同じ
「DONKEY GORILLA」の名称だけど、
コチラのほうは、もろドンキーコングタイプのゲームパンチ

ちなみに、あのサンダーフォースで有名になった
「Tecno Soft」製品!!!!

donkeygollbama_R.jpg



そういう時代だったんです(笑)
古き良き時代でしたわーい(嬉しい顔)


kousidenki_R.jpg

パソコンボーイ だってさ・・・・
まあ、こういう時代でしたから(笑)



ちなみに・・・こちらが本家本元ね(^^)





<関連過去記事>

MONKYJUMP01_R.jpg


●ドンキーコング!? いえ、モンキージャンプです(笑)
http://retrogamer.seesaa.net/article/35227507.html





<CM>




蘇るPCー8801伝説 税込 2,940 円


このマシンが今の自分を作ったのかもしれない。
みんな、このマシンでコンピュータを学んだ。
銘機PC-8801と名作ゲームが今、蘇る。
8ビットゲームの金字塔「ザ・ブラックオニキス」
「ファイヤークリスタなど珠玉の名作ゲームを初復刻。
CD-ROM1枚(Windows98/98SE/Me/2000/XP対応)付属

■目次
■座談会
・時代をリードしたゲームクリエイター、木屋氏&内藤氏による座談会
■インタビュー
・高校生プログラマだった赤松健氏
■【第1特集】いま蘇る!PC88懐かしの8bitゲームたち
ザ・ブラックオニキス、ファイヤークリスタル、大打撃、
ハイドライド1、ハイドライド2、ハイドライド3、
スーパー大戦略、ハラキリ、うっでぃぽこ、リグラス、
ファイナルゾーン、ドーム、アーコン
■伝説の森田将棋その強さの秘密とは
・森田和郎氏インタビュー
■ゲームアーツ徹底研究
・ゲームアーツのプロダクト紹介
・ジー・モードの宮路武氏&池田氏の対談
・宮路洋一氏インタビュー
■PC88サウンドコンポーザー
■PC88解体新書
・PC88分解写真とハードウェアスペック解説
■デービーソフト
・8bitソフトにおいてワープロ、ゲームで有名だった
デービーソフトにいたメンバーにインタビュー
・PC-88用ワープロ・主なゲームソフトの紹介・開発苦労話など
■【第2特集】PC-88ジャンル別ゲーム研究
アクションゲーム/ロールプレイングゲーム/
シミュレーション/アドベンチャーゲーム
■PC88キーマンインタビュー
■ツクールシリーズの血統
・ツクールシリーズの進化について紹介
■ソフトハウス興亡の歴史 北海道vs九州
■日本ファルコム研究
・「イース」「ザナドゥ」などの名作ゲームを産み出し、
PC-8801全盛期に不動の地位を確立した日本ファルコムの特集
■ログイン ゲームランキング
■アクションRPG研究
・88が産み出した独自ジャンル「アクションRPG」
■PC88データブック
・歴代のPC-88機種紹介
・ログイン ゲームランキングの歴史
■ももいろPC-88(袋綴じ)
・真樹村正氏インタビュー(「まりちゃん危機一髪」)
・ジャンル別ゲーム研究・エロゲー編
・マカダミアソフト(dbソフトの別ブランド)インタビュー
・もちつきかすみ


【目次】(「BOOK」データベースより)

・イントロダクション PC‐8801
・竜虎相撃つ!?夢の対談再び―「ザナドゥ」木屋善夫vs「ハイドライド」内藤時浩
・鳴呼青春のPC‐88
・PC‐8801がスーパークリエイターに育てたスペシャルインタビュー 赤松健
・特集1 今、蘇る!懐かしのPC‐8801名作ゲーム珠玉の13本
・伝説の森田将棋その強さの秘密とは?森田和郎インタビュー
・「テグザー」「シルフィード」を制作したOBが語る!当時の秘話をお蔵出し!ゲームアーツ徹底研究
・「イース」「ソーサリアン」「ザ・スキーム」の名曲をつむいだ作曲家 古代祐三インタビュー
・名機をちょっと解体してみました PC‐88解体新書
・サッボロバレーを照らした曙光 デービーソフト・イン・アーリー・デイズ
・〔ほか〕


posted by retrogamer at 01:15| Comment(5) | TrackBack(0) | NEC PC-88/98/60/66 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へえーこんなのあったんですね!!

とかく情報が少ないpc黎明期のソフトの
情報は参考になります。

ツクモソフトはなにげにアツイですよね!!

昔88かなんかで
スーパーマリモブラザーズって
あったような気がするのですが・・・

ログインあたりに広告が載っていた
記憶が有り、未だに気になっています。
Posted by せきね at 2008年08月01日 01:11
パソコン黎明期は本当にいろんな意味で楽しい時代でしたね。あのころをリアルにリアルタイムに体験出来て本当に良かったと思っています。

TSUKUMOは後の有名人がアマチュア(学生)な時にアルバイト(こずかいかせぎ)で出した作品があって、なかなか良質なソフトもありましたからね。たしかに、「一晩でつくりました」レベルのゲームもたくさんあったけど、安かったから、それでいいのだ(笑)

Posted by retrogamer at 2008年08月01日 01:21
「スーパーマリモブラザーズ」ですかぁ。
名前聞いただけで、笑っちゃいました(^^)

でも、知らないですねぇ。どこかで発見したら紹介させていただきます。

ところで、今、私はギガンテスの情報を探しています。昔、I/Oにダンプリストが掲載されていて、後に市販もされた、PC-9801用のゼビウスタイプのシューティング。

 どこのサイトを探してみても、文章での紹介は見つかりますが、画像や動画での
紹介が見つかりません。もし、ご存知でしたら教えてくださいね。


Posted by retrogamer at 2008年08月01日 01:25
レス有り難うございます。

ギガンテスと聞いて、
イーストテクノロジーのアーケード版かと
思ってしまいました。

残念ながらpc版は知りませんが
このアーケード版は一度やってみたかったです。

ステージごとにタイトルが付いていて
「メソポタミアの悪夢」とか「友よ、静かに眠れ」とか・・・
これだけで基板買いそうになりました。

一時期1万円割ったのですが。当時、学生の身分
でしたので、買い逃してしまいました。
Posted by せきね at 2008年08月02日 23:45
イーストテクノロジーとは、またコアなものを(笑)

ところで、あれって、「Gigandes」なので、「ギガンテス」じゃあなくて、
「ギガンデス」だす(^^)

アーケードの「ギガンデス」のプレーヤー機って
デザインかっこ悪すぎ(笑)
 1面の音楽のメロディーラインがなんとなく「ワルキューレの伝説」っぽいって思ったのは私だけ?
Posted by retrogamer at 2008年08月04日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90646432

この記事へのトラックバック